安くて旨い日本酒100選(あくまで個人の感想です)

安くて旨くて手に入れやすい日本酒を楽しみたいなと。

ビールもいいけど冷酒もね(別誂吟醸酒 米鶴酒造)

暑くなると日本酒よりビールやらハイボールやらに目がいってしまいます。

プシュッ、グビッグビッ・・・プハァ〜〜

 

乾いた喉を潤すビールはいいですね。

 

勝手な思い込みですが、日本酒の消費量は夏場は減るのではないでしょうかねぇ。

日本酒というと春、秋、冬なイメージがありますが。。。

 

冬は熱燗という方も多いかもしれませんけれど、僕は通年通して冷もしくは常温です。熱燗は匂いがつよいんで奥さんの許可が得ないのと、準備が面倒なので(^^;;

 

夏場こそキンと冷えた辛めの冷酒をグッと飲むのも良いなぁと最近おもいます。

この夏も暑いのでしょうかね。楽しみです。

 

さて、今日はこんなお酒を。

別誂吟醸酒 米鶴酒造

f:id:dsatostar:20160527212409j:plain

4合瓶で1000円程度でしたでしょうか。

 

前回の「出羽の極み」もジャケ買いでしたが、これもラベルにグッときて買ってしまった一本です。ラベルって大事ですね(僕にとっては)。

 

sake-suki.hatenablog.com

 基本は常温で飲んでいますが、暑くなる時期には奥さんに文句を言われないようにそっと冷蔵庫に入れておきたい派(?)なので、特に冷やして飲むのが推奨されるお酒を選んでいます。

日本酒ベテランの人から見るとどうなのかよくわかりませんが、冷やして美味しいのはどちらかというと辛いお酒なのかなぁと思っています。どうでしょう。

この「別誂 吟醸酒」もどちらかというと辛いお酒です。

 

でも、スッとした辛さ。日本酒特有のフワッとした甘みのあとに、サッと苦味、そしてスッとした辛みが口に広がるような印象です。

 

米鶴酒造さんは、山形の高畠町というところにあり、山のお酒ではあるのですが、このお酒は魚にも合います。

f:id:dsatostar:20160527213905j:plain

「相性の良い料理」がラベルに書いてあります。

 

あ〜よくラベルも見ておくんだったなぁと、こういうの良いですね。

「こんな気分で飲んで欲しい」みたいなのもあると良いかも。

 

どうも日本酒というと、寒い夜に一人寂しく飲むか、「芋煮会」で飲むか、みたいな2択。勝手なイメージすぎますが。

 

この米鶴酒造さんの別誂吟醸酒は、日本酒らしさも残しつつ、楽しい晩ご飯の場でサラッと飲むのに適したような爽やかさもある良いお酒でした。

 

甘さ・・・フワッと

酸味・・・少しあるかないか

旨味・・・すっきり

辛味・・・やや辛め

苦味・・・良いアクセントになりつつも強すぎず

 

ネットで売ってないんですね、これ(^^;;