安くて旨い日本酒100選(あくまで個人の感想です)

安くて旨くて手に入れやすい日本酒を楽しみたいなと。

商品ポップの魔力(羽前桜川 野沢酒造店 )

日本中にたくさん蔵元があって、山形だけでも47の蔵元があるんですね。

各蔵元から2本ずつ飲めばとりあえず100本に届くわけですが、美味しくないお酒は飲みたくない訳ですよ。

だって月に1本か2本しか買えないのですから。

 

CDのジャケ買い(時代が変わったなぁ)であれば、失敗しても中古屋に売るとかできますが、日本酒は空けたら最後、飲みきらねばならぬ。

 

どうやって選ぶか。

(1)日本酒好きの諸先輩方に聞いてみる

個人の好みはもちろんあるけれど、飲んだあと感想を述べればまた違ったものを推薦してくれる。ウチの場合は奥さんの実家に行くと、義父が一緒に飲むために買っておいてくださったりするので、その蔵元の別のものを飲んでみたりするわけです。飲みすぎて何飲んだか忘れることも少なくない。。。

 

2.酒屋さんのポップ

個人的に結構好きなのがこれです。大きめの酒屋をフラフラすると、お店によってはポップが出ていて、そのコメントにグラッとくることがあります。

今回の「羽前桜川」はポップがよかった。

 

〜雪深い小国(おぐに)の小さな酒蔵で、職人が丁寧に作り上げた一本〜

f:id:dsatostar:20160501142040j:plain

(写真はイメージです)

 

こんな風景が頭をよぎりました。

小国町は山形の中でも豪雪地帯。雪深い山奥で腕利の職人さんたちが一生懸命に造ったお酒。きっと旨いに違いない。

 

財布から出て行く千円札たちよ。君たちの旅立ちを、この一本で祝おうじゃないか。

 

そんな気分で買った羽前桜川。

 これも美味しかった一本でした。

f:id:dsatostar:20160504132113j:plain

 

 羽前桜川 本造り 野沢酒造店  

甘み=最初の香りは甘い感じ

酸味=ほとんど感じなかった

旨み=さっぱり

辛み=喉越しいい感じに

苦味=甘い香りのあとに主張する

 

羽前 桜川 本醸造 本造り 1.8L
価格:2376円(税込、送料別)